プロフィール

お父さんゴリラ

Author:お父さんゴリラ
ちょっとゴリラに似ている普通のサラリーマン。

「若者は努力と情熱で泥にまみれながら働け」を信じて愚直にやってきていたが、最近では身を粉にして会社のためにつくすことに疑問を感じている。


ブログランキング

人気ブログランキングへ

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魑魅魍魎達

人気ブログランキングへ



僕に常日ごろから



「誠実に仕事に打ち込むこと」

「汗水たらして泥のように働くこと」

「自分を捨てること」


を美学として教えていた上司が先日心筋梗塞になりました。48歳です。

原因は不摂生な生活と過度のストレス。



復帰はしましたが出世コースからは外れました。

まぁおかげでもっと強烈な人間が来て人間も減ったので

労働環境はもっと悪くなってしまいました。



見舞いに行ったときその上司はそんな状態になってなお

「仕事に情熱を傾けろ」

「ひたむきに泥にまみれて働け」

といってます。ここまで一貫してるとそれはそれですごいなーって思います。



さて、この世は魑魅魍魎が渦巻く世界


その上司が出世ルートから外れ新しい人間が来た途端

社内は出世ルートの話でもちきり。

その人の事を心からいたわる人は今のところお目にかかれていません。

月並みに「かわいそうだね」とか「運が悪かったね」とかはありますが・・・

なんとも因果な世の中ですね。

どうも組織というものには派閥という物があるらしく

人間一人の事なんかよりも会社の派閥がどう動くかの方が

重要なことのようです。

島耕作の世界だけかと思ってました。



出世願望が強い人間が出世していくのは至極当たり前ですよね。

ということは出世したら組織単位で結果を出していかなければならないのですから

結局労働環境は悪くなっていくわけです。部下に働かせた者勝ちですからね。



景気が悪くなって人が減って行けば躍起になって生き残ろうとし、

生き残るためにはどんなに負荷がかかってもとにかく部下に労働をさせるのです。




無理が祟ってルートから外れたらまた下から新しい人員が補充され

外れた人は早期退職などに追い込まれていくのでしょう。

生き残ったらどうなるかというと…ポストと少しの給与が与えられる。

ポストに入った人は生き残るために…で無限ループです。


いわゆる人間使い捨てシステムですね。

だって人が壊れやすい環境に身をおかざるを得ない状態になってるんですから。

壊れるの分かってるのに頑張ることを強要するんですから。



今までドラマとか映画の中でしか本当に会社に人生ささげて散った人を見たことが無かったのですが

実物を目の当たりにしてなんともそのメカニズムを肌で感じてしまいました。



いや、人間は会社のためにあるんじゃないと思います。

会社はただの利益を追求する集団のはずなのに…




先日日本の年間自殺者数見て愕然としました。

3万人って…

いや、この国大丈夫でしょうかね本当に…

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

負け組の生き方

人気ブログランキングへ





今の日本の社会って

仕事で成功すれば勝ち組

失敗すれば負け組

ってな構図が一般化していますけど

何もサラリーマンとして実績上げていくことだけが

勝ち組っていうわけでは無い気がします。





今は価値観は個人の中に存在しています。

生き方、大切にしたいもの、楽しいと感じるもの、

その全てが「別に俺がこう思うんだからいいんじゃね?」

って感じで程よく分散されているといいますか・・・




人間やっぱり助け合いで成り立っているわけですから

自分だけいい思いをすればいいんだ!

なんて人は自ずと不幸になると思いますが



「別にアナタはアナタのやり方で幸せならそれでいいし
 俺は俺の生き方で幸せになるよ!むしろそれが一番ハッピーじゃない?」

的な生き方はどんどん受け入れられていくんじゃないかと。



今の職場は

「誰かが辛い思いをしているんだから皆彼に負けないように自分もつらい思いしようぜ!」

みたいな、いわば不幸メーターの溜め合い合戦をしているわけですが、

「アナタが辛いのは分かるけどあなたは本当に幸せ?私はとっても幸せ!むしろあなたも幸せ求めて生きていこうよ!」

といったプラスの好循環が生まれるようになったら非常に嬉しいですね。

会社に認められて実績を出すことだけが正義になってしまうと辛くあること、
自分を追い込んででも会社に尽くすことが美学になっていってしまう気がします。


不幸自慢より幸せ自慢ができるような会社に出来れば

自ずと他の色んな事も幸せの方向に向かっていく気がするんだけどなぁ・・・

そういう意味ではまず自分から幸せがありそうな未知の地へ進んで足を踏み入れることが

大事なのかもしれません。



<★↓よかったらクリックにて応援お願いいたします↓★>
人気ブログランキングへ

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。