プロフィール

お父さんゴリラ

Author:お父さんゴリラ
ちょっとゴリラに似ている普通のサラリーマン。

「若者は努力と情熱で泥にまみれながら働け」を信じて愚直にやってきていたが、最近では身を粉にして会社のためにつくすことに疑問を感じている。


ブログランキング

人気ブログランキングへ

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも仕事を選ぶ人

↓★応援して頂けたら嬉しいです★↓

人気ブログランキングへ




「俺はこんなに働いている。昨日は3時間しか寝てない」


毎日毎日そう言いながらそれでもずっと働いている。
どうして毎日毎日そんなに働けるんだろう。
僕にそう言うって事は僕にも同じ様にしろってこと
なんだろうけど、どうして同じ様にしてほしいんだろうか。

辛そうに働いてたら頑張ってるように見えるからだろうか。
自分と同じ思いを共感させることで愚痴を言い合いたいのかな。


とても優秀で営業成績もいつも部内で一番。
たまに仕事が早く終わると飲みに言って12時とか1時まで
スナックとかに行って次の日には7時に会社にいる。(らしい)


でも飲みに言ったときは大概仕事の愚痴を言っている。
「痛風」「メタボ」「尿結石」
病気も沢山抱えている。

「仕事が好きなんですか?」と聞くと

「好きじゃない」と言う。

家族もいないし子供もいない。
独身だからお金はそこそこある。
でも愚痴を言いながらもずーっと働いている。
不思議だ。30半ばの僕の先輩である。

「仕事をしていてどんなとき嬉しいんですか?」と聞くと

「実績が出て会社に認められたときだ」

と言う。でも毎日会社の愚痴を言っている。

彼らの働く目的は会社に認められることなのだけど
会社が好きなわけではない。
好きだからとか嫌いだからで彼らは物事を判断しない。

「きついですね」

というと「仕事だからな」

という言葉が返ってくる。


まるでどこかの登山が

「そこに山があるから」

山を登るように彼らは

「そこに仕事があるから」

仕事をする。
僕はまだ3年目だからそこまで大きい仕事がないから
家に帰れる時間帯には帰れるけど先輩は
僕が見た感じ信じられない量の仕事を抱えて
毎日毎日深夜までやっている。

僕の会社では殆どがこんな感じだ。

昔「休みがほしい」と言ったら
「倒れたら休めるよ」といわれたことを思い出した。
当時は恐ろしく感じた。
今では思い出すと腹立たしいとすら思う。


彼らにとって仕事とはそういうものらしい。


別にそれはそれでいいと思う。
それが彼らの価値観なんだから。
仕事は生きる手段ではないんだ。
なんかもっととても神聖なものになっている。
だから肉体をどんなに痛めつけてでも
仕事ができるんだろうな。


僕は仕事は生きるための手段だと思う。

だから考えても仕方が無いことだけど
もし宝くじが当たったら即刻会社を辞める。


彼らは宝くじが当たったとき
それでも仕事を選ぶのかなぁ。


★ここまでお読みいただきありがとうございました★
  ↓もしよろしければ応援お願いいたします↓

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://yamab930.blog135.fc2.com/tb.php/14-ae5938c5

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。